警視庁いきもの係 2話
(2017年7月16日放送分)

警視庁いきもの係

警視庁いきもの係 2話 感想

都内の某所で溺死体が発見されます。

その発見現場にある生き物がいたことから、警視庁総務部総務課、通称“警視庁いきもの係”の、須藤 (渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)も現場へ向かうことになりました。

そこにいた動物はなんとペンギンでした。

まずこのペンギンが可愛いこと!

その後、溺死体で発見された被害者・藤原を、警察は「事故死」と断定します。

ですが、圭子はこれは事故ではなく他殺ではないかと疑います。

そして須藤と圭子の2人は容疑者を3人に絞ります。

亜紀子〈35才〉(被害者藤原の妻で、第一発見者)

久慈達夫〈26才〉(藤原氏の秘書、藤原にはよく怒られていた)

青木益男〈40才〉(藤原の義理の兄、宝石店の社長の息子)

それぞれ怪しく、動機があります。

はたして犯人は誰なのか・・・。

そしてペンギンは無事引き取られるのでしょうか?

最後の謎解きも切れ味が鋭く、最終的にダイイング・メッセージまで出てきて、楽しめました。

警視庁いきもの係 動画視聴

「警視庁いきもの係」は下記のサイトで視聴できます。
見逃してしまっても安心 (・∀・)b

※ 金額は1話あたりの料金です。
※ このページの情報は2017年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。