ブランケット・キャッツ 4話
(2017年7月14日放送分)

ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ 4話 感想

口数が少なく見るからに人とのコミュニケーションが苦手そうな青年が猫の力を借りて自分の殻を破ろうと必死にもがく姿がとても感動的でした。

この青年、コウジの父親は確かに情に厚く曲がった事が大っ嫌いで真っ直ぐな人だったけど少々強引でコウジに対し理想の息子像を頑なに押し付けるのでそれに悩むコウジはこれまで相当苦しんで来たんじゃないかなと思います。

また、親子関係だけでなくコウジは学校でも人間関係に悩んで彼の心はもうパンク寸前でした。

そんな時コウジを救ったのは猫のキーとの出会で名前の由来を聞いた時に私は初めて鍵しっぽという言葉を知りました。

そんなコウジはこれまで親に自分から何かしたいと言った事はなかったのに猫を飼ってみたいという意思だけはしっかり持っていてその思いを強く親に主張するって事はどこか猫に助けを求めているように思えてコウジの心の叫びを感じました。

そして、コウジが学校で虐められているとばかり思ったけど実際は虐めに加担していたと言う事実をしり唖然としてしまいたした。

この事実を知った両親は最初は彼を怒鳴ったけれどのちに自分の息子が虐めに加担していたという事実をしっかり認めて謝罪に行き土下座をしている姿を見て親御さんも相当勇気がいる行動だったんじゃないかなと思いました。

最後にはコウジも虐めに加担したことに対する謝罪をし自分の弱さを認めるところはすごくいいシーンでした。

守るべきペットが側にやって来たことによりこの青年は強くなると決心したのではないかと思えるラストでした。

ブランケット・キャッツ 動画視聴

「ブランケット・キャッツ」は下記のサイトで視聴できます。
見逃してしまっても安心 (・∀・)b

※ 金額は1話あたりの料金です。
※ このページの情報は2017年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。