ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前編
(2017年7月2日放送分)

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 感想

子供のことで揉めている坂間みどりと坂間和代。

相変わらずの関係で。賑やかな坂間家の様子に、一気に連ドラ時代を思い出しました。

月日が経つと色々な事が変わるもので。登場人物それぞれの立場が変わっていました。

特に驚いたのが、まりぶの舎弟だった豊臣吉男。坂間酒造で働いているとは思いもしませんでした。

すっかり見た目が変わってしまって、登場した時は誰か分からなくて。

豊臣はリストラの危機にあるようですが…。坂間酒造に熱い想いを持っているから大丈夫なのかな!?

正和のことを若社長!と慕っている豊臣。けれど、全然名前を覚えてもらっていなくて。

正和の「小田君だっけ?」という投げかけからの、二人のラリーが面白かったです。

茜ちゃんの誕生日を、4時間前にうっかり言ってしまうあたりもナイスキャラで。

そして、山路は学年主任になっていて。忙しそうですが、自分の非を認めない太田先生に頭を抱えている様子で。

最後の最後に、学校を辞めたらしいという山路の近況にはびっくりしました。

郡山に戻った山路に恋の予感も!?