ブランケット・キャッツ 2話(2017年7月1日放送分)
放送局:NHK 22時00分~22時50分

ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ 2話 感想

今回の我が家の夢のブランケット・キャットはリストラされた家族の話しになります。

隆平(マギー)がリストラされた父親で子供の笑顔を少しでも見たいと秀亮(西島秀俊)に猫を貰いにいきます。

最初は、気の弱そうな男性で、アットホームな家庭なのだなと思っていましたが、まさか引越し寸前だとは思いませんでした。

家を売りに出される思春期の女の子の複雑な気持ちが良く表現されていたと思います。

猫を可愛がる弟の演技がとても自然でうまかったと感じました。

秀亮が自分のプレゼントした薔薇を妻が栽培していても、感動の言葉もなく、妻が自分に当てこすりで猫を飼っていると思っていたことに驚きました。

仲のよい夫婦ではなく、妻に負い目を感じながらも仕事人間をやめられず、憎まれていると思っていたとは想像外でした。

亡き妻を惜しんで猫を飼っているので、てっきり中むつまじい夫婦だったのだと思いこんでいました。

妻が自分のことを本当に愛していたことを亡くなってから気づくなんて、とても悲しいです。

猫を預ける人を吟味する態度は真剣なのが、妻への唯一の謝罪なのかもしれません。

猫を貰いに来る人を通して回を重ねるごとに、回想シーンで、反省していくのだなとなんとなく感じました。

ブランケット・キャッツ 動画視聴

「ブランケット・キャッツ」は下記のサイトで視聴できます。
見逃してしまっても安心 (・∀・)b

※ 金額は1話あたりの料金です。
※ ビデオマーケットは「見逃し見放題パック」がお得です。
※ このページの情報は2017年7月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。